連載3 グリーン券から考える正義について

席が空いているか空いてないかわからないのに、グリーン券を購入するのは非合理的であり、実際に乗り込んで席が空いていることを確認してから購入する方が合理的である、という命題は、ダブルプライシングがなければ、文句なく成立する。しかし、前者の方が安く後者の方が高いという条件のもとでは、上記の命題とはまったく逆方向に、当然のことながら、高い値段を払うのは非合理的で、ディスカウントの低額を払った方が合理的であるという、もう一つの命題がうまれる。したがって、この時点で、JR東日本の普通列車のグリーン券の価格設定は、合理性と非合理性とが打ち消し合っている奇妙なものになっている。いいかえれば、それは合理的な意思決定をしたいと思ってもできない、という意味で、われわれに不自由を強いるものとなっている。

実は、ここにさらに第三の要素が介入する。事前に(安い)グリーン券を求めるかどうかの意思決定は、席が空いているか空いていないかという事象についてのリスク態度によって影響される。いってみれば、楽観的な人(リスクが少ないと思う人)、つまり「きっと空いているだろう」と思う人と、悲観的な人(リスクが多いと思う人)、つまり「もしかすると空いてないかもしれない」と思う人では、買う買わないの判断に大きな差が出る。いうまでもなく、楽観的な人と比べて、悲観的な人は、事前にグリーン券を購入しない、という判断に傾きやすいはずである。ということは、事前に買うと安いというグリーン券の価格設定は、リスクに関して楽観的な人に有利に、悲観的な人に不利に、できた制度になっている、ということになる。

さて、では、どのような人々がリスクに関して楽観的で、どのような人たちが悲観的なのか。これは、生まれつきの性格とか育ちによって決まるもので、おそらく、その人本人がコントロールできない生来の資質であると思う。ボクの感覚からすると、自らの選択で事前にグリーン券を買うか買わないかを決め、それによって若干損を被ることになるかもしれないとしても、それはそれでしょうがないと思える。しかし、リスク態度とは、人種とか、肌の色とか、メガネをかけなければならないほど視力が悪いかどうかとか、足が短いかどうか、ということと同じように、人間を差別する基準となってはいけない要素のひとつではないか、と思うのである。

すると、ですね、現行のグリーン券の価格設定は、憲法違反の疑いがでてくるのです。そうでしょ、JR東日本さん、憲法の14条を読んだことがありますか。「すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない」。あんたたちは、リスク悲観者を不当に差別しているんじゃないですか。

あはは。こんなことを言うと、いやいや、憲法には「身分」または「門地」と書いてあるけど、人々のもつ「リスク態度」とは書いてないよ、という反論が聞こえてきそうである。いや、しかし、ここは「身分」および「門地」をできる限り拡大解釈して、「生来の、自分ではコントロールの及ばない要素」全般と読み替えるべきではないでしょうか。(←ちょっと無理筋、かな)

いや、しかしですね、こんな問題よりもなによりも、そもそもなんでグリーン車などというもの、つまり金持ちが乗れて、金持ちじゃない人が乗れない、というそんな車両自体が許されるのか、という問題も、実はここにはあるのです。これこそ、そもそも憲法14条違反ではないか、という議論も成り立つのではないかと思うのであるが、これについてはまた次回。

Advertisements

連載2 グリーン券から考える正義について

そもそも、JR東日本の普通列車のグリーン券によって、われわれは何を購入しているのか、それは明確でない。新幹線や成田エクスプレスのような特急列車のグリーン券と違い、普通列車では席を指定して乗車することはできない。なので、たとえば東海道線のグリーン車に事前にスイカ・パスモで購入して乗り込んだとしても、席があいてないこともありうる。ところが、席がなくても、グリーン車に乗車すること自体に対して、グリーン券が要求される。だから、普通列車のグリーン券を購入するとは、グリーン車で席に座ることを確約するものではなく、グリーン車という特別な空間にいてもよいという権利を買うということを意味する、というのが正しい。

席も与えられない(かもしれない)のに、対価を要求すること自体、不公平だという議論も成り立つが、ここではその議論はとらない。たしかに、グリーン車は、通常、普通車に比べて、空いている。なので、その特別な空間にいてもよい、という権利にたいして対価をもとめるのは、それなりに正当化されうるとも考えられるからである。

しかし、そうはいっても、この論理がまかり通るなら、いくつかおかしいことになりはしないか。たとえば帰省ラッシュで激混みの新幹線で、自由席がもう乗れないくらい満員だった場合、自由券しかもっていない人が指定席の車両に立つ、ということが起こっているではないか。おそらく、指定席車両の方が、自由席車両よりも空いている。とすると、まさに上と同じ理由から、そのような空間にいるという権利にたいしては、同じように、なんらかの余分な対価を本来もとめるべきではないのか。

しかし、新幹線の自由席がいかに非常に混んでいても、客がグリーン車に車両にいって立つ、ということはないような気がする。いったい、このことはどうやって、区別され、正当化されうるのか。ますます、よくわからない。

話を、普通列車にもどすと、われわれにしてみれば、座れるか座れないかが確実にはわからないのだから、実際に乗ってみて、席が空いているのを見届けてからグリーン券を購入しよう、と考えるのが合理的な意思決定の仕方であるように思える。前もって、グリーン券を購入して乗り込み、座れないことが判明した時、普通車に移ってグリーン券をあとで払い戻してもらうこともできるのであるが、その手続きは煩雑だし、実は手数料も取られる。ならば、最初から、グリーン券を購入してから乗る、というのは非合理的な意思決定である、ということになろう。

しかし、ここに、あの事前購入の方が安いというダブルプライシングシステムが立ちはだかっているのである。それは、まさに、合理的な意思決定ではなく、非合理的な意思決定をせよ、とわれわれに迫る。

いや、正確にいうと、この二者択一の意思決定は、もっと複雑なのであるが、この点については、また次回ということに。

連載1 グリーン券から考える正義について

正義とか、公平性とか、そういうテーマについて、引退する前までに、一冊は本を書きたいと、ずっと思ってきた。この連載が、そうしたものに結実してくれればと願い、少し書き始めてみようかと思う。

正義とか公平性というと、大げさに聞こえるが、ボクは、こうした話は、別にどこから始めてもよいだろうと思っている(なんかサンデルみたい)。で、ボクにとって、それはたまたま、JRのグリーン券だった、ということにすぎない。(前回のブログでも紹介した通り、このことについてはすでにJR東日本に問い合わせをし、その回答も頂いている。この回答も、いずれじっくりと分析してみたい。)

さて、まず、なんのことやら、さっぱりわからない人のために、基礎情報を書き出しておくと、JR東日本では、普通列車にグリーン車というものがある。新幹線とか踊り子号とかの特急列車にではなく、通勤や通学に使う東海道線、横須賀線、湘南新宿ラインなどに、グリーン車があるのである。そして、このグリーン車に乗るためには、グリーン券を買わなければならない。

いまでは、このグリーン券は、スイカやパスモを使って、あらかじめ列車に乗る前に購入しておくことができる。席の頭上に、それをかざすと赤色ランプから緑色ランプに変わる装置があって、それによって席に座っている人が、ちゃんとグリーン券を購入しているかどうかが一目でわかるシステムになっている。

しかし、事前購入することができずに(たとえば発車ギリギリで)グリーン車に飛び乗ったとしても、もし席が空いていれば、グリーン券は列車内でも購入できることになっている。そういう場合は、当然のことながらランプが赤色表示になっているので、アテンダントの人がやってきて料金を払ってください、という展開になる。ただし、その場合は、割高に料金が設定されている。その時、ブーブー文句をいっても始まらない。車内には、いたるところに、中で買ったら、事前に買うよりも割高になりますよ、という表示が(まさにそうした事態になった時に、いや知りませんでした、と言わせないために)いたるところにある。

さて、ボクの疑問は、なぜこのようなダブルスタンダードならぬ、ダブルプライシングが許されるのか、いや、許されるなどというと若干上から目線なので、なぜそれが正当化されうるのか、というものである。

事前に買った人も、列車にのってから買った人も、受けるサービスはまったく同じはずではないか。それは、同じグリーン車にのって、同じ距離だけを移動するというサービスである。なぜ同じサービスに対して、異なる対価を求めることが許されるのか、じゃなかった、正当化されるのか。

ちなみに、新幹線のグリーン車にのるために、グリーン券を買うとして、1日前にそれを買うのと、当日それを買うのとでは、価格は同じである(と思う)。

なぜ、同じグリーン券なのに、東海道線や横須賀線では、事前に買うとディスカウントがついてくるのだろう。そして、そのことをなぜ人は正義にかなっていない、不公平だ、として文句をいわないのだろう。ボクの話は、ここからスタートするのである。(続く)

なぜ事前にグリーン券を買うと安いのか

JR東日本の普通列車のグリーン券は、事前に買うと列車内で購入するより安い。なぜ、同じサービスの対価として、異なる金額を請求できるんですか、という質問をしたら、以下の回答がきました。何が正義にかなっているか、何をもって人は公平とみなすか、という問題を考えるためのひとつの素材としようと思っています。

以下回答です。

いつもJR東日本ならびにJR東日本ホームページをご利用いただきましてありがとうございます。このたびのご意見につきまして、以下のとおり回答させていただきます。事前に購入する場合と車内で購入する場合の料金の差については、普通列車のグリーン料金は、従来より「グリーン券を事前に購入する方とそうでない方がいるため、不公平に感じる」というご意見をいただいておりましたので、ご乗車前にグリーン券をお求め頂いた場合と、車内でお求めいただいた場合に料金差を設定させていただくこととしました。また、グリーン車Suicaシステムによる車内改札レスサービスをより多くのお客さまにご利用いただくためにも、グリーン券を事前にお買い求めいただく必要があります。そこで、弊社では今まで以上に多くのお客さまにグリーン券を事前にお求めいただけるようにしたいと考え、料金差を設定することとしたもので、車内料金をいただくことを目的としたものはございません。何卒ご理解のほどお願い申し上げます。このたびは、貴重なご意見ありがとうございました。今後も、みなさまに愛され、親しまれるJR東日本をめざしてまいりますので、引き続きご愛顧賜りますようよろしくお願い申し上げます。
東日本旅客鉄道株式会社

第二回アルミナイワークショップのお知らせ

今年も、昨年に引き続き、アルミナイワークショップを開きます。現役ゼミ生、OBOGの方々、またご興味がある学生さんたちは、どうぞご参加ください。

【アルミナイワークショップのお知らせ】
7月30日(土)のOBOG懇親会の前に開催されるアルミナイワークショップについてお知らせします。今回は二人のOGの方がお話をしてくださいます。
◆登壇者
・テレビ西日本 編成制作局制作部 ディレクター
大野由美子さん(7期生)
・電通九州 ダイレクトマーケティング部 プランナー
武富あかねさん(8期生)
◆テーマ
女性のキャリアと就活、ワーク・ライフ・バランス
◆時間
15時〜懇親会開始まで
入退室自由
先日お伝えした懇親会と合わせまして、お時間のある方はワークショップにもぜひお越しください。
出欠のご連絡は14期副幹事長の早川(ryutarohayakawa923@gmail.com)までお願いいたします。ワークショップのみのご参加も歓迎いたします。

ガン無視した依頼について

時々こういう依頼がくるんです。どう考えても、金額が一桁違う。これ、時給にしていくらだと思ってんのかね。ま、こういうことを引き受ける学者もいるのかもしれないが、そんなにかまってもらうことに飢えているわけではありませんので、ハイ。リサーチ業務をやっている会社が下請け出すって、どういうことなんですかね。笑っちゃいました。この文面も、いかにも、100発うって、一発あたれば、みたいでしょ?

 

河野勝さま

突然のご連絡大変失礼致します。
テレビ番組のリサーチ業務を行っております株式会社フォーミュレーションの✖︎✖︎と申します。

私が担当しておりますテレビ朝日の「くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」という番組内で選挙について扱う予定です。
その際に、選挙の詳細についての情報で誤りがないかということについて、河野様にご確認して頂ければと思い、ご連絡させて頂きました。
質問項目が複数あるため、ご協力していただける際は5000円程度ですが謝礼をお出しさせて頂いております。
お忙しとは存じますが、何卒、ご検討の程よろしくお願い申し上げます。ご連絡お待ちしております。

株式会社 フォーミュレーション ✖︎✖︎✖︎✖︎

新入生たちへ送ったメッセージ

(これは、4/5に開かれた早稲田大学政治経済学部新入生歓迎シンポジウムでの講演の最後の部分を抜粋したものです)

今日の講演を終えるにあたりまして、これからの4年間で何を学んでいってもらいたいかについて、私なりの考えを述べさせていただきます。みなさんは、政治経済学部では、政治に関する情報や知識をできるだけ多く身に付けたいと思っているかもしれませんが、大学で学ぶべきことはそうしたことではありません。知識や情報は、今ではWikipediaという便利なものがあるし、別に大学に高い授業料を払って学ばなくても、いくらでも増やすことができます。私がみなさんに身に付けていただきたいと思っているのは、政治(や経済)をどのように理解するか、そういうことです。「理解する」というからには、政治現象を突き動かしている何らかのロジック、一般化できる因果のメカニズムとでもいうべきものがある、そういう前提に立ちます。すると、そのロジックは何なのかを考えることが必要であるし、それが正しいかどうかを検証することが必要になります。ロジックは何なのかを考える上で助けになるのが、理論やモデルといわれるものであり、ロジックが正しいかどうかを検証するためのツールが、さまざまな分析手法—今日お話しした実験もこの中に含まれるわけですが—、そして方法論です。みなさんには、こうしたものを学んでいただきたい、身につけていただきたいと思っております。

もう少し具体的に、私自身が最近経験したことを織り交ぜながら話しましょう。先日、あるメディアから取材を受けまして、「選挙権が18歳まで引き下げられたことで投票率にはどのような影響が出ますか」という質問を受けました。別の取材では、「新しく誕生した民進党は、今度の参議院選挙で健闘するでしょうか」と聞かれました。まず、18歳まで引き下げられたことで投票率が変わるか、あるいは20歳以下の人たちがどのように投票するか、という質問ですが、そのような質問には答えられません。なぜかというと、人々の政治に対する態度あるいは政治的行動を知るための世論調査というのは、ふつう有権者を対象にして行われます。つまり、いままで行われてきた調査は、20歳以上の人々を対象にしてきたので、今回新たに選挙権をもつことになった18歳から20歳の人たちの政治的態度や行動を予測するためのデータを、われわれは持ち合わせていないのです。ですので、逆にいえば、こうした質問に対して、メディアで滔々と意見を述べている評論家やコメンテーターは、素人もしくはモグリ、ということになります。みなさんには、こうした言説に対して懐疑の目を向けられるようになってほしいと思っています。あるいは、今回の選挙で、民進党が健闘するかどうか、という質問も、実にピントのずれた質問です。一体何議席をとったら「健闘」というのか。このようにどうにでも答えられる質問というのは、意味がない質問なのです。しかし、これをたとえば、「今回共産党が候補者を立てないことで、民進党の得票率はどれだけ伸びるでしょうか」というような質問に置き換えたとします。これは、ある程度の根拠をもって答えられるかもしれません。なぜかというと2009年の衆議院選挙の時、共産党が候補者を立てない共産空白区というのがありました。こういうところでの(旧民主党の)票の伸び方と、そうでないところの票の伸び方を比べて、大体このぐらいの人たちの票が民進党に流れるのではないかと予測することができるからです。

もう一つ例をあげます。ご承知の通り去年から国論を二分した安保法制ですが、その中では集団自衛権を持つと抑止力が増えるという主張もなされたし、これに反対する人たちは抑止力は増えないと主張していました。しかし、一体どういうロジックに基づくと抑止力が増えるといえるのか、逆にどういうメカニズムを想定すると抑止力が増えないという主張が成り立つのか、それらはまったく明らかでありませんでした。また、一般的にいえば、今回の安保法制は、片務的な同盟関係をより双務的なものにしていく変更ですが、そのように同盟を変容した例は、これまでの長い国際政治の歴史の中でけっしてはじめてではありません。かつてそうしたことを経験した国が、その後どういう命運をたどったか。抑止力を高めて戦争に巻き込まれなくなったのか、あるいは前とそれほど変わらなかったのか、逆に前よりも戦争に巻き込まれやすくなったのか。こうしたことは、データを集めて分析できたはずです。しかしこういう作業、つまりロジックを明確にすることも、それをデータ的な根拠をもって検証することも、どちらの作業も全く行われないまま、論争は繰り広げられていたのです。

政治現象をどう理解するかを学ぶ。それは、いま申し上げたとおり、政治現象について誤った問いを立てない、ロジックが不在の議論はしない、実証的根拠がいい加減な議論をしない、そういうことを学ぶということです。みなさんには、ひとりひとり、そのような能力を身に付けていただきたいと思っております。もしかすると、みなさんは、政治現象をどう理解するかを学べたとしても、その後の自分の人生にはあまり役に立たないと思うかもしれません。そうかもしれません。しかし、私のこれまでの経験では、ある分野において真剣に学んだことは、別の分野においても必ず役に立つ、学問というのはそういうものだと思っております。誤った問いを立てない、ロジックや根拠のない議論をしないというトレーニングは、たとえば、みなさんがコンサル職に就いたとしても、きっと繰り返し自覚しなければならないことではないかと思います。そして、みなさんには、自分自身にとって役にたつかどうかという狭い了見ではなく、社会全体のことも考えていただきたい。早稲田大学の政治経済学部に入ってくるみなさんが、誤った問いを立てない、ロジックや根拠のない議論をしないという能力を習得し、メディアで横行する素人やモグリの言説に疑いの目をむけるリタラシーを高めなければ、いったいだれがその役を担うのでしょうか。みなさんが社会にでてそれらを実践しなければ、この世の中はいつまでたっても進歩しないのです。みなさんはエリートとして選抜され、この4年間育っていきます。ですので、ここで学んだことを社会に還元するということも考えていただきたい。これが私の願いです。ご静聴ありがとうございました。