石原の「厚化粧」発言について

場合分け(1):「石原は直情型の人間で、いつでもどこでもいいたい放題に発言する」という前提を置く。発言は多くの人の感情を刺激し、とくに女性票を遠ざけ、逆に小池陣営を大いに援護してしまっているので、これは大失敗ということになる。

場合分け(2)「石原は案外理性的な人間で、自分の発言がどのような帰結を生むかをちゃんと心得て行動している」という前提を置く。すると、本当は石原は小池陣営と裏で繋がっていて、「あんたんとこに票が行くようにするからね」と恩を売っている、もしくは恩を売るまではいかないにしても、都連の会長である息子に頭があがらないようにしている、ということになる。いずれにせよ、この場合は、真剣に暴言を演じて、多くの人々に「なんてとんでもないことをいうのか」と思わせなければ小池に同情がいかないのであるから、発言は暴発でもなんでもなく、明確な目的をもって行われたということになる。

さて、この二つのシナリオはちょっと考えればどちらも思いつくが、実はどちらも間違っているのではないかと思う。まず、(1)のシナリオにあるような「放言癖のある石原」像は、一般的には定着しているが、あそこまで(キャリアの上では)成功した政治家が、自分の発言の帰結をまったく考慮しないで、右から左へいいたいことをいう、ということはボクにはちょっと考えられない。政治家というのは、かならず政治的損得計算をどこかでしていると思う。しかし、その一方で、(2)は、やや想定が行き過ぎているのはないか、と思う。もし石原と小池陣営が事前につながっているのであれば、どこかでしらじらしさがにじみ出てきて、演技であることがばれてしまうのではないか、と思う。

そこで、もうひとつの可能性を考える。場合分け(3):「石原は不確実性が高いなかでは、リスクヘッジ型の行動をとる」という前提を置く。たしかに今の時点では優勢だが、小池が勝つとは限らない。自分の発言で小池が勝てば(そして、小池に女性票を誘導してやっただろと言えるようになれば)、結果的には上の(2)と同じで、ほら俺(たち親子)に恩があるだろ、とあとでいえることになる。そして、万が一、増田が勝ったとしても、自分は一生懸命(暴言までして)あんたを助けたんだ、ということができる。(3)が正しいとすると、石原と小池は事前につながっている必要がない、というか、つながっていてはならない。石原にしてみれば、自分の真の選好を隠すことが目的なのであって、石原と小池はお互い、意図の読み合いをしていることになる。実際、小池は(そして増田も)「なんであんな自分を助けるような発言をしたんだろう」(増田にとってみれば「なんであんな余計なことをいってくれたんだろう」)と考え込んでいる、というのが真実に近いのではないか。石原は、この第三のシナリオに沿ったゲームをプレイしているのではないか、というのがボクの推理である。

Advertisements

参院選についての雑感(備忘録のようなもの)

・日経「経済教室」にも書いたことだが、本来、政権をきめる衆院選でないぶん、参院選は野党に有利なはずである。ところが、今回は、政権に対する「評価の選挙」ではなく、自公対民共の「選択の選挙」だと位置付けられた。安倍首相(およびその側近)の徹底した演出がうまかったこともあるが、それに対抗するレトリックや戦略のない民進党は選挙キャンペーンの実力という意味ではるかに劣っていた。その差がそのまま結果に表れていた。

・共産党が候補者を出さなかったことが、民進党(ないし野党統一)候補に有利に働いたかどうかが話題になっている。しかし、純粋に理論的な仮定として有権者が「戦略投票」をすると想定すると、共産党の候補の有無は結果に影響を及ぼすはずがない。共産党との連携・共闘が、それ以外のどのような外部効果を生んだかが分析されるべきことであり、ボクの直感ではそれは、おそらくは「負」の効果の方が大きかったのではないかという気がする。

・安倍首相が、憲法改正を選挙期間中まったく語らず、しかし終わった途端に「これから議論していきましょう」といっていることに、批判がある。しかし、野党の側は、選挙期間中、まさにこうした可能性を取り上げて、「安倍さんは選挙が終わったあと、憲法改正へ進む」と有権者に訴えていたのだから、この批判はおかしい。

・18歳まで選挙権が引き下げられたことについて、選挙前にさまざまなメディアや雑誌媒体が、「18歳有権者へのメッセージ」なるものを特集し、「選挙に行け」キャンペーンを張っていた。しかし、こうした「上から目線」の特集に、ボクはおおきな違和感を覚えた。18歳の人たちに選挙権を与えると決めたのだから、彼らはすでに一人前として扱われるべきである。なぜ、彼らだけが選挙についての教育なり啓蒙をうけなければならないと決めつけるのか。80歳以上の高齢者にむかって、「あなたたちすこし選挙に行かないでください」なんてメッセージを送ることがありえないのと同じである。

・前項と関わるが、こうした特集は、ただたんに「選挙にいこうよ」と強調し、それがあたかも教育的なメッセージ、すなわち、非政治的なメッセージだから許されると勘違いしている。ここには、政治的メッセージをおくるのは控えよう、なぜなら政治とはうさんくさいもの、というような暗黙の前提があるように思える。本来おくるべきは、政治を語ることは悪いことではない、というメッセージなのである。

・出口調査の結果をみると、この18−19歳の有権者が自民党に投票する率が高い、ということが話題になっていた。アメリカの友人に話すと、アメリカの大学生はみんなバーニー・サンダース、つまりリベラルな候補者を応援しているので、このコントラストが面白い、といっていた。実は、ボクは日本の若者の中にもリベラル派の方が多いと思っているのであるが、おそらく彼らは日本の既存の(リベラルを代表する)政党に幻滅しているだけではないかという気がする。別にこのことについてボクには根拠があるわけではないが、しかし日本の若者が保守回帰しているという反対の議論にも、実証的にはほとんど根拠らしい根拠は提出されていないと思う。

連載3 グリーン券から考える正義について

席が空いているか空いてないかわからないのに、グリーン券を購入するのは非合理的であり、実際に乗り込んで席が空いていることを確認してから購入する方が合理的である、という命題は、ダブルプライシングがなければ、文句なく成立する。しかし、前者の方が安く後者の方が高いという条件のもとでは、上記の命題とはまったく逆方向に、当然のことながら、高い値段を払うのは非合理的で、ディスカウントの低額を払った方が合理的であるという、もう一つの命題がうまれる。したがって、この時点で、JR東日本の普通列車のグリーン券の価格設定は、合理性と非合理性とが打ち消し合っている奇妙なものになっている。いいかえれば、それは合理的な意思決定をしたいと思ってもできない、という意味で、われわれに不自由を強いるものとなっている。

実は、ここにさらに第三の要素が介入する。事前に(安い)グリーン券を求めるかどうかの意思決定は、席が空いているか空いていないかという事象についてのリスク態度によって影響される。いってみれば、楽観的な人(リスクが少ないと思う人)、つまり「きっと空いているだろう」と思う人と、悲観的な人(リスクが多いと思う人)、つまり「もしかすると空いてないかもしれない」と思う人では、買う買わないの判断に大きな差が出る。いうまでもなく、楽観的な人と比べて、悲観的な人は、事前にグリーン券を購入しない、という判断に傾きやすいはずである。ということは、事前に買うと安いというグリーン券の価格設定は、リスクに関して楽観的な人に有利に、悲観的な人に不利に、できた制度になっている、ということになる。

さて、では、どのような人々がリスクに関して楽観的で、どのような人たちが悲観的なのか。これは、生まれつきの性格とか育ちによって決まるもので、おそらく、その人本人がコントロールできない生来の資質であると思う。ボクの感覚からすると、自らの選択で事前にグリーン券を買うか買わないかを決め、それによって若干損を被ることになるかもしれないとしても、それはそれでしょうがないと思える。しかし、リスク態度とは、人種とか、肌の色とか、メガネをかけなければならないほど視力が悪いかどうかとか、足が短いかどうか、ということと同じように、人間を差別する基準となってはいけない要素のひとつではないか、と思うのである。

すると、ですね、現行のグリーン券の価格設定は、憲法違反の疑いがでてくるのです。そうでしょ、JR東日本さん、憲法の14条を読んだことがありますか。「すべて国民は、法の下に平等であって、人種、信条、性別、社会的身分又は門地により、政治的、経済的又は社会的関係において、差別されない」。あんたたちは、リスク悲観者を不当に差別しているんじゃないですか。

あはは。こんなことを言うと、いやいや、憲法には「身分」または「門地」と書いてあるけど、人々のもつ「リスク態度」とは書いてないよ、という反論が聞こえてきそうである。いや、しかし、ここは「身分」および「門地」をできる限り拡大解釈して、「生来の、自分ではコントロールの及ばない要素」全般と読み替えるべきではないでしょうか。(←ちょっと無理筋、かな)

いや、しかしですね、こんな問題よりもなによりも、そもそもなんでグリーン車などというもの、つまり金持ちが乗れて、金持ちじゃない人が乗れない、というそんな車両自体が許されるのか、という問題も、実はここにはあるのです。これこそ、そもそも憲法14条違反ではないか、という議論も成り立つのではないかと思うのであるが、これについてはまた次回。