プレゼミ

今年度から、プレゼミなるシステムが導入された。

ボクは、つねづね、旧国立系の大学とちがい、早稲田の政治経済学部の素晴らしい特徴は、ゼミを2年間やってじっくりと卒業論文を仕上げるところだと思っている。このプレゼミという新しいシステムも、うまく使いこなせば、教育効果をさらに充実させることができるかもしれない。

ただ、率直にいって、プレゼミをどう運営するか、ということについては、かなり迷った。

プレゼミは、ゼミ選考を通った人たちのために、二年次の秋学期の後ろ半分だけに設定され、通常の授業のように、特定の曜日や時間帯に授業をするという形式ではない。多くの先生も、どうしたものか、迷っているらしく、たとえばオンデマンドの授業を聴講させる同僚もいると聞く。

ボクも、一時期、そういう形式で、統計的分析手法を自習させようかと思ったこともあった。しかし、それではあまりに無味乾燥でつまらないし、まったくゼミという環境とはかけはなれているな、と思い返し、違うアイディアを採用することにした。

それは、「メンター制度」。北米の大学には、入ってきた新入生に、それぞれメンターがついて、大学生活のことや授業の内容などについて、自由に相談できるという制度がある。それを応用して、次年度ゼミに入ってくる2年生に対して、ひとりひとり3年生を割り当て、ペアーでいろいろな課題に取り組み、そうした作業を通じて、先輩と後輩の関係を築いていくようにするのが狙いである。

与える課題も、政治学の勉強とは関係のない、この時期にしかできない、つまり卒論研究に入ったら読めなくなるような本や論文を通した知的トレーニングをすることにした。

ちなみに、今年度は、①「日本を考える」、②「思考力を鍛える」、③「詩的・美的感覚を磨く」、④「文章を練る」という4つのテーマを設定して、それぞれ、①水村美苗『日本語が亡びるとき』(筑摩書房2008)、②柄谷行人『日本近代文学の起源』(講談社文芸文庫 2009)、もしくは蓮實重彦『物語批判序説』(中公文庫 1990)、③白洲正子『西行』(新潮文庫 1996)、④村上春樹『羊をめぐる冒険』(講談社文庫2004)、もしくは、東海林さだお『ワニのまるかじり』(新潮文庫 1996)、を読んで、レポートを書かせることにした。

昨日、顔合わせの飲み会の席で、はじめてこうした課題を2年生たちに披露したら、ちょっと戸惑っているようだった。でもね、きっと、思いがけない発見があると思うよ。上にあげたのは全て、ボクがとても影響を受けた文章ばかりなんで、ボクという人間を知る上でも、ね。

Advertisements