鶴見俊輔発、加藤典洋経由、パブリウス行き

しばらく前から、もう何年も前にどこかで読んだあるエッセイが気になって仕方がなかった。それは、先日お亡くなりになった鶴見俊輔さんが戦後書いた文章を部分的に引用していたもので、実はボクが関心があったのは、その鶴見さんのいっていることの方であった。ボクは、見田宗介さんの『白いお城と花咲く野原』か、あるいは加藤典洋さんの評論集のどちらかだろうとあたりをつけて、今夜こそ、それをみつけてやろうと、ぱらぱらとめくっていたら、案の定、加藤さんの『君と世界の戦いでは、世界に支援せよ』に収められている「『世界の終わり』について」という文章に、その部分をみつけることができた。で、これは、目下の日本の政治状況、すなわち安保法制が国会を通過しようとし、それに反対して多くの人々がデモに繰り出している状況について、ボクが考えていることの大部分を占めている。だから、今日、いま、それをここに、そのまま引用して、示しておきたいと思う。

鶴見俊輔は、あるところで、戦争の惨禍を問題にするならば「責任者裕仁を天皇・大元帥として処刑するの論」を張らなければならないと主張する二十歳の学生の作文を受けて、しかし、この天皇制廃止の主張に例をみる「ある価値基準の極限による思考」というものは、「それが実現しないという日常生活が長つづきしていくとき、一日、二日、三日だけではなく、一年、二年、三年、四年、五年、十年、十五年、二十年、三十年、四十年、五十年、坂本清馬の場合には八十年つづいたんですども、そういう果てに自分はどうなるのか、そういう問題を考えてほしいんですよ」と述べている(『戦後思想三話』)。こうした「極限的思考」は「ある一瞬の空想の平面のうえでは」きちんと「きれいに間取り」できる。しかし、それは「きょう実現できない」。鶴見は、「天皇を裁判にかけて死刑にする」というようなある一個人の考え、願い、思想が、きょう実現できず、「あしたもできない。あさってもできない。十年、二十年、三十年、それがつづいていくとしたら、その思想をもつ人にとってその思想はどういう役割を果たしますか。そのことを考えてほしいんですよ」とこの学生にこたえるのである。

この場合、このような「内面」、「人間性」を抱えた人間にはどのような道が残されているだろうか。鶴見は、一つの道は、「テロ」であり、第二の場合は、「逆テロ」、正反対への主張への転換であり、「もう一つはユートピアンになるというやり方なんです」と、牢屋をでてからヨーグルトの製造販売に従事して生涯を終えたロシアの元テロリストの例に触れて三つの道をあげている。(加藤典洋『君と世界の戦いでは、世界に支援せよ』筑摩書房、1988年、74ページ)

Advertisements